証拠はあなたの伝家の宝刀

これ以上、ごまかされることはありません

浮気を立証する証拠があれば、あなたがどの様な道に進むにも大切なお守りになります。

浮気の証拠を使う場面もさまざまですが、例えば、

  1. 今は行動しないが、将来のために(子どもが大きくなった時)
  2. 夫との話合いの時に(証拠の出し方があるのでご相談ください)
  3. 浮気相手と交際を止めてもらうため
  4. 夫や浮気相手に慰謝料請求するため
  5. 離婚をするため
などです。

しかし、浮気の証拠がない場合はどうでしょうか。
浮気は不法行為です。
不法行為に対してアクションを起こせば、相手は自己防衛から、必ずと言っていいほど浮気を認めません。
ましてや相手が弁護士を頼んだ場合、証拠がなければあの手この手であなたの主張を退けます。

では、証拠があればどの様な効果があるでしょうか。

夫(妻)との話合いの場面で、証拠をつかんでいたら

証拠がないまま、夫(妻)と話し合いをしても、
「仕事の相談を受けていた」
「食事をしただけ」
などと、必ず認めません。

そうなると、あなたは納得できず、さらに問い詰めることになります。
すると、夫(妻)から逆ギレされ、ご夫(妻)婦間は悪化していきます。
悶々と日々を過ごしていくことにより、本来なら幸せに暮らしていけるご夫(妻)婦でも、溝が深くなっていきます。

一方、証拠をつかんでいたらどうでしょうか。
あなたは夫(妻)がいつ、どこで、だれと、どこ(ホテル・相手の住居)に行ったかを知っています。
そのため、夫(妻)の言いのがれやごまかしに対して、あなたは強い気持ちで夫(妻)と話し合いをすることができます。

証拠の出し方とタイミング

浮気調査の報告書を最初から夫(妻)に見せる必要はありません。
むしろ、見せない方が良いです。
なぜか。
「探偵まで頼んで調べた」として、あなたへの気持ちが遠のくでしょう。
万が一調停や裁判になった場合、手の内を明らかにしてしまいます。
浮気調査の報告書はイザという時、最後の最後までとっておいた方が賢明です。

では、どのようにして証拠を活用すれば良いか。
以下が夫(妻)を相手とした段階を踏んでのご説明です。

1.あなた:浮気の有無を聞く
  夫(妻):「浮気していない」と答えるでしょう。
2.あなた:(調査結果をもとに)*月*日*時頃、札幌市の**で、2人でいるところを知り合いが見かけた、と具体的に話します。
  夫(妻):「食事をしていただけ」「仕事上2人でいた」「相談を受けていた」などの言い訳をするでしょう。
3.あなた:ホテルや相手の住居に入ったところを見かけた、と決定的な場面を問い詰めます。
  夫(妻):「行っていない」「人違い」などと、言いのがれします。
4.あなた:ホテルや相手の住居の出入りの写真をご自分の携帯電話(スマホ)で撮影しておいて、「知り合いが見かけたので、撮った」としてそれを見せる。
  夫(妻):言いのがれできません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ