離婚公正証書作成の流れ

ご夫婦の話し合いから離婚公正証書の作成までをご説明いたします。
また、公正証書を行政書士に依頼するメリットもあわせてご覧ください。

公正証書作成の手順

1.夫婦での話し合い(離婚条件の確認)

ご夫婦で、離婚に際しての条件(親権、養育費、慰謝料、財産分与、面会交渉その他)を確認します。

2.離婚公正証書原案の作成

上記1.夫婦での話し合い(離婚条件の確認)で確認した内容を元に、公正証書の原案を作成します。
あいまいな取り決めでは、公証役場での協議がスムーズに進まない場合もありますので注意が必要です。

3.公証役場での事前協議

公証役場に離婚公正証書作成の相談をします。
上記2.で作成した原案を元に公証人に確認をしてもらいます。
※公証人が公正証書とするに当たって不適当と思われる内容等のチェックをしてくれます。

4.公正証書作成に必要な確認資料等の収集

戸籍、印鑑証明書、年金分割のための情報通知書 等、公正証書に正確な内容を記載するための確認資料を収集します。

5.公証役場にて、公正証書を作成

事前予約をした日時にご夫婦(代理人も可)で公証役場に出向いて、公正証書を作成します。

公正証書作成を行政書士に依頼するメリット

公正証書の作成を専門家に依頼すると、前述の1〜5までの手続きを代行してくれます。
離婚の条件の重要な部分を決定すれば、後の手続きを任せる事が可能です。

また、公正証書の内容について、将来的にトラブルの可能性はないか、依頼者にとって不利となる条件はないか等についても検討して文案の作成を行います。

ご自身で公証人と打合せを行って公正証書を作成する場合、公証人は原案に記載されている内容に法的な問題はないかについての検証・確認は行ってくれますが、記載されていない事項について積極的に提案をしてくれることはあまりないようです。
専門家に公正証書文案の作成を依頼することで、それぞれの事情に合った内容の提案をしてもらえるというメリットがあります。

公正証書作成を専門家に相談したい方はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ