やってはいけないこんなこと

気持ちはどんどん離れてしまいます

夫(妻)に浮気(不倫)疑惑があると、どうしても夫(妻)を詮索し責めがちになります。
夫婦関係修復を願うなら、これは絶対にしてはいけないことです。例えば帰宅が遅くなったり、休みのたびに出かけるなど、浮気相手と逢っているのではと想像しがちですが、夫(妻)を責め続けているとあなたへの気持ちはどんどん離れてしまいます。
辛いお気持ちはわかりますが、疑わしき出来事は日記などに残して相手にぶつけることは避けましょう。気持ちは「書くこと」で整理をすることをお勧めします。

「もう、いやだ!」その時の勢いで離婚届を用意しないで

浮気(不倫)をしている側の心は浮気(不倫)相手に行っているので、相手しか見えていません。あなたの存在は疎ましいのです。何かにつけて口論になったり、家庭内の空気がよどんでいってしまいます。浮気(不倫)をされている側は、毎日そのことばかりが頭をよぎり、生きた心地さえしない状況が続きます。 「もう、いやだ!」その時の勢いで離婚届を用意しないでください。たとえわずかでも心の中に「離婚したくない。」という気持ちがある場合は、あなたは夫(妻)であるのですから、しっかりその座を守っていてください。

サブコンテンツ
サイドバー

このページの先頭へ